心理カウンセラー前田めぐみ

  • Twitter
  • Facebook
エコノミークラス症候群を防ぐ予防策

ブログ

心の悩み

心理カウンセリング

2016.04.20

性格を変えて、
あなたらしい幸せな生き方を手に入れる心理カウンセリング

横浜市綱島の心理カウンセラー前田めぐみです。

 

エコノミークラス症候群にならない為の予防策

エコノミークラス症候群で亡くなったというニュース、
とてもショックです。

避難所での生活が長くなってくると、
だんだんこころも身体も疲弊します。

災害時の肺塞栓症、エコノミークラス症候群は、
72時間を超えると、発症リスクが高まるそうです。

食料や物資が思うように行き渡っていない状況の中で、
飲み水を摂取することはなかなか難しいことだと思います。

そんな状況の中で、
予防のために、可能な限り出来ることをして欲しい思いでいっぱいです。

小まめに少しずつ水分を摂ったり、
用事がなくても歩いてみたり。

雨などで外を歩けない時は、
足首をくるくる回したり、その場で足を上下に動かしてみたり、
ふくらはぎのマッサージも心掛けてみてください。

ふくらはぎの静脈などに血の塊(血栓)が出来ないように、
血液が全身に巡ることを意識するのが重要なのですね。

その為には、
砂をつかむように足の指をにぎるのもいいようです。
手の指を足の指の間に入れて、
足指を広げながらくるくる回したり、
足指の関節を押さえてマッサージするのも効果的のようです。

また、
高齢者の方や、ご自身で出来ない方は、
ご家族や周りの方に、ふくらはぎを下からに上にマッサージしてもらって、
みんなで仕合っこしながら予防できると良いと思います。

このページのトップへ