心理カウンセラー前田めぐみ

  • Twitter
  • Facebook
カウンセリングで「愛着の問題」を克服可能にする3つのこと

インナーチェンジングセラピー

ブログ

心の悩み

2015.12.15

性格を変えて、
あなたらしい幸せな生き方を手に入れる心理カウンセリング

横浜の心理カウンセラー前田めぐみです。

「愛着の問題」
これが強くあると、
生きていくいろんな場面で苦しさを感じます。

では、
「愛着の問題」っていったいどんなものなのかというと、
「甘えの問題」とも言われたりします。

小さい頃甘えた時に、
思うように満たされなかったり、
もしくは甘えがいき過ぎたりすることが
愛着の問題になっていくことになります。

愛着って、
私たちの心の中の根っこの部分というか、
中核の部分に当たるものです。
なので、
ここの部分が確立していなくてグラグラしていると
非常に不安定になります。

とはいえ、
愛着の問題を持っていない人は誰もいません。
それが浅いか深いかの違いはあるけれど、
全く愛着の問題がないという人はいないのです。

だって、
完璧な人間はいないから、
子育て100点満点でなんのミスもなく育てるって
あり得ませんからね。

それに、
子育てだけでなく
これだけめまぐるしく変わる社会背景の影響もあります。

そこで、
「愛着の問題」は少しでもなくして
ちょっとしたことでグラグラ揺れ動かない自分になれたら
いろんな場面で生きやすくなると思います。

今日は、
カウンセリングで「愛着の問題」を克服可能にする3つのことについてお伝えしていきます。

カウンセリングで「愛着の問題」を克服可能にする3つのこと

1、「感情処理」をする

PAK95_bie-nnanjyu-thumb-1000xauto-15698

私がしているカウンセリングでは、
カウンセリングの中で約40分ほどのワークをします。

その中で、
「感情処理」という方法を取り入れて
今まで消化出来ていない不快な感情を
スッキリ消化出来るよう丁寧に行っていきます。

今までいくら頭で考えても、
行動が変わらなかったのが、
この「感情処理」で自然に行動が変わったという人は
数えきれないほどいらっしゃいます。

2、「交流分析」(決断を変える)

ELLY_869mokuseinoisu12200640-thumb-autox1000-18817

一般的に広く知れ渡っている「交流分析」の理論を用いながら、
さきほどお話しした「感情処理」の後、
これからはどうしたいか、自分が望む思いを決断することで、
幼い頃に取り入れた“思い込み”が自然に解除されていきます。

3、「愛着のカウンセリング」を行う。

HOTE86_sotowomitumeruoyako15142451-thumb-1000xauto-15192

2で行ったワークに、理想の親としてアシスタントに入ってもらいます。
その理想の親からのハグを受け、
心の中に温かい親のイメージを溜めていくことで、
だんだん心の中の根っこの部分がしっかり安定していきます。

実際カウンセリングの現場で、
「愛着の問題」を抱えている人は増加傾向にあり、
今まで数回のカウンセリングで解決していたのが、
時間を要したり、難しいカウンセリングになるケースも増えて来ています。

そんな中でも、
相談者の方が少しでも楽になれるよう
幸せな人生に向けて一緒に取り組んでいきたいと考えています。

このページのトップへ