心理カウンセラー前田めぐみ

  • Twitter
  • Facebook
褒められることが苦手なあなたへ

こころのしくみ

ブログ

心理カウンセリング

2019.10.08

褒められたらあなたはそのまま受けとめられますか?

それとも、褒められるとあなたは拒否したくなりますか?

 

 

褒められたら、まずは受け取ってみよう^_^
たとえそれがお世辞であったとしても、
社交辞令だったとしてもね。

そのまま素直にほめらたことを受け入れて、
「やったー!」
「嬉しい」
「ありがとう」

 

って、表現できるならしたらいいし、
それができない状況なら、こころの中でじんわり受けとめてみる。
そうすることで、あなたの心が満たされていくから。

 

お世辞や社交辞令で言われたことなんて意味ないんじゃない?
って思う人もいるかもしれませんが、

 

仮にそうであったとしても

(明らかに心がない言葉は別として)
私に向けて言ってくれたことは事実だから、それを受けとめるってことです。

 

そうすることによって、
褒められた心地よさが満たされていきます。

つまり、心に温かくて気分の良い感覚が溜まっていきます。
そうすると、人にも自然に褒め言葉を分け与えていけるようになります。

 

褒められても思わず拒否してしまって、
受け取れずに満たされ感(温かな気分の良い感覚)が溜まっていないと、
人に分け与えることが難しくなります。

 

ないところからは出せませんからね。
例えるなら、経済の法則と同じことが心でも起こります。
蓄えがあるから出せるわけで、ないところから出すためには借金をして出さないといけなくなるわけだから、辛いですよね。

 

それと同じことが心の中でも起こるわけです。
人が与えてくれた誉め言葉は、あなたの心を豊かにするプラスの言葉です。
なのでそのまま素直に受け取って欲しいなぁと思います。

 

それに受け取らなかったら、言ってくれた人に対しても失礼ですしね。
褒め言葉も、そう思ったから発信してくれたのに、

それを拒否してしまったら相手の人も残念な気持ちになるんじゃないかなぁと思います。

 

表向きはその場に合わせた表現でいいと思うんです。(謙遜したり、遠慮したりなど)
でも自分のこころの中では、しっかりと受けとめて満たしていってもらえたらいいなと思います^_^

 

それでも、
そんなの受け取れない。
受け取りづらい。
拒否したくなる。
お世辞は受け取れないでしょう。等など

 

そんな理由があって、
受け取りたいけど受け取れない。
褒められるとどう対応したらいいか困る。
褒められても全力で拒否したくなるなど。

 

自然に受けとめられるようになって、
自分の心を満たして豊かにしていける方法はあるので、

気になった方はいつでもこちらからお気軽にご相談ください。お待ちしています。

 

 

【性格が変わるカウンセリング】
“性格を変えて、幸せな人生を目指していきませんか?”
横浜市綱島の心理カウンセラー前田めぐみ
このページのトップへ