心理カウンセラー前田めぐみ

  • Twitter
  • Facebook
こころが安定する「愛着のカウンセリング」とは?

インナーチェンジングセラピー

ブログ

心理カウンセリング

愛着のカウンセリング

2019.05.15

「生きづらさを感じたり、こころが不安定になることはありませんか?」

 

まずはじめに、「愛着」とはなにかと言うと、

赤ちゃんとお母さんとの間に育まれる愛情の絆(心理的な結びつき)のことを言います。

 

愛着はだいたい一歳半頃までに形成されると言われていますが、元々はお母さんとの肌の触れ合いや抱っこによって愛着が形成されていきます。

 

愛着形成がなされた子は、肌の触れ合いを通してこころが安心感で満たされ、こころの根っこがしっかり安定していきます。

 

しかし、お母さんも人間です。四六時中100%の子育てはできません。

完璧な子育ては不可能なので、多かれ少なかれ私たちは誰しも愛着の問題を持っています。

 

その愛着の問題によって、日々の生活の中で生きづらさを感じたり、こころが不安定になることが多かったり、愛情に関して不信感などがあるとしたら、「愛着のカウンセリング」がとても有効になります。

 

こころに効くカウンセリングです。

 

こころに効くとは、不安定さがなくなったり、愛情を信じられるようになったり、生きづらさがなくなっていく。ということです。

 

心理の世界でも、なかなか改善しにくいと言われているパーソナリティの問題や、愛着の問題に効果のあるカウンセリングになります。

 

赤ちゃんの頃に獲得できなかった、肌を通しての安心感を、この愛着のカウンセリングによって、大人になった今からでも安心感を得て、温かい愛情を感じていけるものになります。

 

私自身も何度か受けましたが、とてもいいものですよ。

安心感で満たされるので、ちょっとやそっとのことではこころがグラグラ不安定にならなくなったので、こころの安定感がどっしりしました^_^

 

生きづらさや、愛情を信じられない方などは受けてみるといいと思います。おススメです。

 

 

【性格が変わるカウンセリング】
“性格を変えて、幸せな人生を目指していきませんか?”
横浜市綱島の心理カウンセラー前田めぐみ
このページのトップへ